文部科学大臣認定「職業実践専門課程」理学療法学科・作業療法学科

学校法人戸早学園 北九州リハビリテーション学院 〒800-0343 福岡県京都郡苅田町上片島1575 Tel.0930-23-3653 Fax.0930-23-3370

人を支える心を学ぶ

作業療法学科紹介

学科紹介

障がいがある方の「自立」や「生きがい」を支援する作業療法士の養成

作業療法士(Occupational Therapist)は、精神や身体に何らかの障がいがある方が日常生活を営む上で支障がある部分の機能や実社会への適応能力の回復・改善に取り組む専門職です。
理学療法士が、身体動作・運動能力の回復をめざすのに対し、作業療法士は、自らの力で「日常生活」を送れるような社会的適応能力を高めることを目標としています。

本学科では、あらゆる方と確かな信頼関係が築ける人間性を養いながら、解剖学・病理学などの医学知識や作業療法に必要な専門知識、工芸・絵画・陶芸などの作業活動、食事・入浴などの日常生活動作の訓練方法など、理論と技術をバランスよく身につけます。

北リハ作業療法学科の学びのポイント

いつも全身全霊で学生のことを考える熱い教師陣

一人ひとりの学生を思う気持ちが熱い教師陣。学生生活そのものが作業療法の実践の場ととらえた教育姿勢のもと、毎日が有意義なものになるようにサポートしていきます。

より良い人間関係を培う基本となるグループ学習

入学直後からグループを形成し、様々な課題をグループワークで取り組みます。それぞれの個性を尊重し、時には衝突し自分自身を見つめ直し、人と信頼関係が築ける人間性を養う基本となります。

実感することを重視し多彩な体験学習を実施

苅田幼稚園や福祉施設、病院などを訪れ、多くの方とふれ合う中で関係づくりを学んだり、コミュニケーションを深めるなど、座学だけでなく実感をともなう授業を多く取り入れています。

実践力を磨くオリジナルのセミナーを実施

総合病院、精神科病院、介護老人保健施設など、各分野でキャリアを積んできた6人の教員が、独自のセミナーを実施。今の時代に求められる作業療法について、多角的により深く学習していきます。

教員紹介

▼各イラストをクリックするとメッセージをご覧いただけます。

  • 古島 譲
     学院長 
    古島 譲
  • 森光 洋子
     学生部長・学科長 
    森光 洋子
  • 高内 志保
     専任教員 
    高内 志保
  • 油田 あゆみ
     専任教員 
    油田 あゆみ
  • 長城 晃一
     専任教員 
    長城 晃一
  • 木下 亮平
     専任教員 
    木下 亮平
  • 上原 佳代
     専任教員 
    上原 佳代

充実のカリキュラム

(平成28年度)

授業風景をのぞいてみよう!
作業療法評価法身体領域
作業療法評価法身体領域
身体領域における評価法の定義、種類、基礎技法について学びます。
作業療法高次脳機能領域
作業療法高次脳機能領域
脳を神経解剖学的の観点から病態、障害像を理解し、作業療法の基礎知識を学びます。
基礎作業学技術
基礎作業学技術
作業療法の治療的介入手段として使用される活動の一部を演習し、治療的応用を学びます。
疾患別動作分析学
疾患別動作分析学
正常及び疾患特有の動作パターンを理解し、動作分析に必要な観察と考察を学びます。
義肢装具学
義肢装具学
義肢装具の基礎知識と疾患との適応に関して学びます。
日常生活活動
日常生活活動
疾患別についての日常生活活動を理解し、生活に関わる幅広い視点から技術を学びます。
授業科目
基礎分野
  • ・心理学
  • ・生命倫理学
  • ・教育学
  • ・コミュニケーション論
  • ・基礎医学用語
  • ・基礎医療統計Ⅰ
  • ・基礎医療統計Ⅱ
  • ・基礎理科Ⅰ
  • ・健康生活と運動
  • ・英語
専門基礎分野
  • ・解剖学Ⅰ
  • ・解剖学Ⅱ
  • ・解剖学実習
  • ・生理学Ⅰ
  • ・生理学Ⅱ
  • ・生理学実習
  • ・運動学Ⅰ
  • ・運動学Ⅱ
  • ・臨床心理学
  • ・病理学概論
  • ・障害学
  • ・整形外科学Ⅰ
  • ・整形外科学Ⅱ
  • ・内科学Ⅰ
  • ・内科学Ⅱ
  • ・小児科学
  • ・神経内科学Ⅰ
  • ・神経内科学Ⅱ
  • ・精神医学Ⅰ
  • ・精神医学Ⅱ
  • ・リハビリテーション概論
  • ・リハビリテーション医学
  • ・保健医療福祉制度論
専門分野
  • ・作業療法概論
  • ・リハビリテーション演習
  • ・基礎作業学理論
  • ・作業療法演習Ⅰ
  • ・作業療法演習Ⅱ
  • ・作業療法研究法
  • ・症例研究
  • ・卒業研究
  • ・作業療法評価法総論
  • ・作業療法評価法身体領域
  • ・作業療法評価法精神領域
  • ・作業療法評価法発達領域
  • ・動作分析学
  • ・作業療法身体領域Ⅰ
  • ・作業療法身体領域Ⅱ
  • ・作業療法精神領域Ⅰ
  • ・作業療法精神領域Ⅱ
  • ・作業療法発達領域Ⅰ
  • ・作業療法発達領域Ⅱ
  • ・作業療法高次脳機能領域Ⅰ
  • ・作業療法高次脳機能領域Ⅱ
  • ・作業療法高齢期領域
  • ・義肢装具学
  • ・義肢装具学実習
  • ・基礎作業学技術Ⅰ
  • ・基礎作業学技術Ⅱ
  • ・職業関連活動
  • ・地域作業療法学
  • ・日常生活活動Ⅰ
  • ・日常生活活動Ⅱ
  • ・臨床実習Ⅰ
  • ・臨床実習Ⅱ
2年次前期時間割モデル(平成28年度)

▼ 下記表は横スクロール出来ます。

 時間
9:00~10:30作業療法高次
脳機能領域Ⅰ
セミナー合同セミナー義肢装具学作業療法
発達領域Ⅰ
10:40~12:10基礎作業学
技術Ⅰ
作業療法
高齢期領域
作業療法
身体領域Ⅰ
作業療法
演習Ⅰ
セミナー
13:00~14:30精神医学Ⅱ作業療法
精神領域Ⅰ
神経内科学Ⅱ 整形外科学Ⅱ
神経内科学Ⅱ
14:40~16:10作業療法
演習Ⅰ
日常生活
活動Ⅰ
基礎作業学
技術Ⅰ
神経内科学Ⅱ整形外科学Ⅱ
神経内科学Ⅱ
16:20~17:50     

※通常、火曜日~土曜日までの週5日制です。終了時間は曜日によって異なります。
 ⅡとⅢの間に昼休みが入ります。なお、月曜日に講義等を行うこともあります。

教育訓練給付制度の指定講座です。

作業療法学科は「教育訓練給付制度」の指定講座です。雇用保険被保険者または一般被保険者資格を喪失した日以降、受講開始(入学)までが1年以内でかつ雇用保険被保険者として雇用された期間が3年以上(初回受講に限り1年以上)ある方が対象訓練を受けて修了(卒業)した場合、その受講のために支払った教育訓練経費(学納金)の一部(上限10万円)がハローワークより支給される制度です。

▲ページ上部へ戻る